top of page
検索
  • harikyuin

酸素

コロナ騒動が明けて1年ほど経ちました。

今年は例年に比べてインフルエンザも流行しましたね。

去年までがマスクが予防になっていたという事もあってインフルエンザが少なかった事もあるでしょう。

それに加えて、今年は気候の変動(寒暖差が非常に激しい、天候不順)によって体が付いていかず免疫がうまく機能していない方も多い印象です。

ただ、それだけではなくマスクによる弊害で呼吸が浅くなってしまっている方が非常に多いなと感じています。

呼吸が浅くなれば酸素が減ります。二酸化炭素が体に残ります。

呼吸が浅いと脈が速くなってイライラしやすくなります。

イライラしてると免疫が落ちます。

深呼吸するだけでも、気持ちが落ち着いたりしますよね?

血液が豊富にあって、しっかり巡っていれば人間の体は免疫が正常に働くし、自己治癒能力によって大抵のことは自力でなんとか治せます。

しかし、去年まで常にマスクしていた方は酸素が少ない3年間を過ごした方も非常に多かったです。

その3年の間に、ジワジワと気付かぬうちに呼吸が浅くなり、肺が小さくなり、酸素を取り入れる事が出来なくなったのではないでしょうか。

今、世の中全体がピリピリしていて、イライラしやすく他人に対して寛容性が無くなっていますが、その要因の一つとして血流の悪さ、酸素不足といったものが大きな影響を与えているのでしょう。


これから先、温暖化による影響は増すばかりでしょう。

冬~春の日差しが柔らかく暖かなものではなく、熱く刺さるように、そして非常に眩しく感じるものになってきています。

自然は、人間が少し変わった所で変わってくれるものではありません。

長年の蓄積で今がある。

人間も同じです。

20~30代をどう過ごしたか、40~50代をどう過ごしたかで、その後の人生に大きな影響を与えます。

健康面もそうです。仕事面でもそうです。自分の行いの結果が ”今” です。

人間も自然の一部でしかないし、何かを変えたことで一気に状況を変えることは出来ません。ですが、今何かを変え続けることで未来を変えることは出来ます。

例えば、木の下で深呼吸をしてみる。

水分を1時間に1回は取るようにする。

睡眠時間をしっかり確保する。

それくらいなら、今から始められそうじゃないですか?

まずは出来ることから。簡単なことから。


酸素は足りていますか?血液はちゃんと流れていますか?

いきなり大きく変えるのは難しいですが、今できることは今やりましょう。

もし、あなたの血液の流れが悪いのならば、鍼に頼ってみてください。

皆様の為に出来る限りのお手伝いをさせて頂きます。

もしかしたら、呼吸一つでも何か変わるかもしれませんよ。


深呼吸、してますか?

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ後遺症

マスコミが相変わらず感染者数だけを報道して不安を煽る状況が続いていますが、 確かに感染力は強いようですね。 ですが、毒性自体は以前に比べて落ち着いているように感じます。 しかし、コロナに感染した方の中で後遺症に悩む方が多いというのはたまに聞くようになりました。 当院でも、コロナ後から味覚がないとか嗅覚がおかしい、咳が続くといった方がお見えになることがありました。 幸いにも、症状が出てすぐ来ていただ

新型コロナ

3月頃より続く新型コロナ肺炎ですが、皆さん元気にされていますでしょうか。 不要不急の外出自粛ということでストレスもたまっているかもしれませんね。 政府の対応だったり休校についてだったり、色々と思うところはありますが、 長くなりそうなので詳しく書くのは今回はやめておきます。 ただ、皆さんにお伝えしたいのは、 不安を煽るだけのテレビを見るのはやめましょう。 →不安だけ増幅すると、せっかくコロナ収束して

冷えは万病(慢病)のもと

こんにちは。 久しぶりのブログです。 今回は冷えについて少し書こうと思います。 ”冷えは万病のもと”という言葉は聞いたことがありますか? 体が冷えると、いろんな病気を引き起こすもとになるよ、という事なんですが、 冷えは、万病のもとであり、慢病のもとでもあるのです。 万病とは、様々な病(種類が多い)で、慢病は慢性の病(期間が長い)です。 体が冷えるという事は病気になりやすいだけでなく、病気が長引きや

Opmerkingen


bottom of page