top of page
検索
  • 坂本針灸院 院長坂本

冷えは万病(慢病)のもと


こんにちは。

久しぶりのブログです。

今回は冷えについて少し書こうと思います。

”冷えは万病のもと”という言葉は聞いたことがありますか?

体が冷えると、いろんな病気を引き起こすもとになるよ、という事なんですが、

冷えは、万病のもとであり、慢病のもとでもあるのです。

万病とは、様々な病(種類が多い)で、慢病は慢性の病(期間が長い)です。

体が冷えるという事は病気になりやすいだけでなく、病気が長引きやすいのです。

昨年は、夏場に40℃を超えるような日もあり、

暑さを何とか乗り切ったところに急激に冷えがやってきました。

そのために、例年よりもかなり体力の落ちている方が多いと思います。

体力(免疫力)が落ちていると変化に体が追いつかず

風邪をひいたり、胃腸の働きが悪い等、体調を崩されていました。

この冬~春も寒い日と暖かい日が交互に来るようなおかしな気候になったので

なんとなく不調ですっきりしないと訴える方が多くなっています。

また、冷たい風などによって顔を急激に冷やすと

最悪の場合、顔面神経マヒを引きこ起こすことさえあります。

肩を冷やしてしまっても、肩が上がらない状態になる(いわゆる五十肩)

いずれの症状も、一度なってしまうと治るのに時間がかかります。

しかも、症状が軽い場合は、放っておいても治るだろうと放置してしまいがちで

治療に来られる頃にはこじらせてしまっていて余計に長引くことが多いです。

腕や足、お腹を触ったら思いのほか冷たくなっている!なんてことないですか?

免疫力の低下により皮膚の感覚も鈍っているのか、

体が冷えていることに気付くのも遅れがちです。

たかが冷え、されど冷え

春になってもまだ寒い日が多いようなので、

早めに対処して体調に気を付けてくださいね。


閲覧数:245回0件のコメント

最新記事

すべて表示

マスコミが相変わらず感染者数だけを報道して不安を煽る状況が続いていますが、 確かに感染力は強いようですね。 ですが、毒性自体は以前に比べて落ち着いているように感じます。 しかし、コロナに感染した方の中で後遺症に悩む方が多いというのはたまに聞くようになりました。 当院でも、コロナ後から味覚がないとか嗅覚がおかしい、咳が続くといった方がお見えになることがありました。 幸いにも、症状が出てすぐ来ていただ

3月頃より続く新型コロナ肺炎ですが、皆さん元気にされていますでしょうか。 不要不急の外出自粛ということでストレスもたまっているかもしれませんね。 政府の対応だったり休校についてだったり、色々と思うところはありますが、 長くなりそうなので詳しく書くのは今回はやめておきます。 ただ、皆さんにお伝えしたいのは、 不安を煽るだけのテレビを見るのはやめましょう。 →不安だけ増幅すると、せっかくコロナ収束して

早いもので、開院させて頂いてからちょうど一年が経ちました。 たくさんの患者様にお越し頂いて、たくさんの事を勉強させて頂いて あっという間に、時間が過ぎていきました。 ブログに関しては…気づけば全く書いてなかったですね(笑) お陰様で忙しい日々を送らせてもらってますが、 もう少しブログも書いていけるといいなぁとは思っています。 さて、今年は3月・4月と異常に寒かったり、暑くなったりと 非常に気温の変

bottom of page