top of page
検索
  • 坂本針灸院 院長坂本

春:花粉症


花粉症の季節がやってきましたね。

僕の周りも花粉症の方がたくさんいらっしゃいます。

くしゃみ・鼻水・目のかゆみ・・・辛いですよね。

酷い方だと喉が痛いという方もいらっしゃいます。

東洋医学では「未病」を治すという考えがあります。

健康とは言えず、病気になる手前の状態ですね。

つまり、"病気が発症する前に治す"のが大事だと言うことです。

花粉症の季節が来る前に体を整えていく事が花粉症の予防につながっていきます。

花粉症の症状が出たから治療する(症状を一時抑える⇒対症療法・標治法と言います)ではなく、

花粉症の"症状が出にくくなるよう体質を改善する"こと(症状自体出にくくする⇒本治法)が大事です。

花粉症はアレルギーの一種。アレルギーは自己免疫の過剰反応。

自己免疫が過剰に反応せずに済むよう体質改善していきましょう。


閲覧数:558回0件のコメント

最新記事

すべて表示

酸素

コロナ騒動が明けて1年ほど経ちました。 今年は例年に比べてインフルエンザも流行しましたね。 去年までがマスクが予防になっていたという事もあってインフルエンザが少なかった事もあるでしょう。 それに加えて、今年は気候の変動(寒暖差が非常に激しい、天候不順)によって体が付いていかず免疫がうまく機能していない方も多い印象です。 ただ、それだけではなくマスクによる弊害で呼吸が浅くなってしまっている方が非常に

コロナ後遺症

マスコミが相変わらず感染者数だけを報道して不安を煽る状況が続いていますが、 確かに感染力は強いようですね。 ですが、毒性自体は以前に比べて落ち着いているように感じます。 しかし、コロナに感染した方の中で後遺症に悩む方が多いというのはたまに聞くようになりました。 当院でも、コロナ後から味覚がないとか嗅覚がおかしい、咳が続くといった方がお見えになることがありました。 幸いにも、症状が出てすぐ来ていただ

新型コロナ

3月頃より続く新型コロナ肺炎ですが、皆さん元気にされていますでしょうか。 不要不急の外出自粛ということでストレスもたまっているかもしれませんね。 政府の対応だったり休校についてだったり、色々と思うところはありますが、 長くなりそうなので詳しく書くのは今回はやめておきます。 ただ、皆さんにお伝えしたいのは、 不安を煽るだけのテレビを見るのはやめましょう。 →不安だけ増幅すると、せっかくコロナ収束して

bottom of page